Kのブログ

映画の感想など気になったことについて書いていきます。

冥王星が太陽系の惑星から外されたのはいつ?理由はなんなのか?

かつて、冥王星は太陽系の惑星の1つとして数えられていました。

 


そのため、太陽系の惑星の並び順を水金地火木土天海冥などと覚えたものです。

 


しかし、ある日冥王星は惑星という定義から外されてしまいました。

 

 

 

 

 

 

冥王星が惑星じゃなくなったのはいつ?

 


ある日、冥王星が惑星じゃなくなった日・・・。

 


それは2006年8月24日に行なわれた、国際天文学連合総会の日のことだったようです。

 


しかし、私がそのことを知ったのは2019年のことでした。

 


なので、いつのまにか冥王星が準惑星になってしまっていたのです^^;

 


私は太陽系の惑星の並び順を水金地火木土天冥海と覚えていましたが、冥王星はもう太陽系の惑星ではないのですね。

 


なので、太陽系の惑星の並び順は水金地火木土天海ということになります。

 

 

 

 

 

 

 


冥王星が惑星から外された理由とは?

 

 

 

 


冥王星が惑星から外されてしまった理由は、簡単に言うと小さいからです。

 


冥王星の大きさは地球の約0.18倍で、地球の5分の1に満たないぐらいの大きさです。

 


ちなみに月の大きさは地球の約4分の1ほどなので、冥王星は月よりも小さいということになります。

 


という訳で冥王星の大きさは地球の約5分の1、月の約3分の2ぐらいの大きさです。

 


それに冥王星の近くには、エリスという冥王星よりも大きな天体も発見されたそうです。

 


そういったことも、冥王星が惑星ではなく準惑星という分類になった理由と言われています。

 


しかし、発見当時は大きいと考えられていたエリスですが、実際は冥王星よりも少しだけ小さいと現在では考えられているようです。

 

それに冥王星も、発見された当時は水星よりも少し大きいと考えられていたそうです。

 

ちなみに水星の大きさは地球の約0.38倍で、月よりも少し大きいです。


冥王星は地球から約50億kmも離れているので観測が難しく、そういったこともあって大きさを間違えてしまったのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

まとめ

 


冥王星が惑星から外されたのは、2006年8月24日。

 


外された理由は、冥王星が惑星と言うには小さかったからのようですね。

 


なので、今では冥王星は準惑星という分類になっています。

 


冥王星がいつのまにか惑星じゃなくなっていたので、思わずキョトンとしてしまいました^^;