Kのブログ

映画の感想など気になったことについて書いていきます。

アニメ『鬼滅の刃』19話が神回過ぎる!?

鬼滅の刃の19話を録画しておいてから見たんですが、あまりにも面白くて繰り返し何回も見てしまっています。


ラストシーンでは感動して涙まで出てきて、思いもよらず感動させられたことに少し驚きました。

 
アニメの録画しておいたのを見て、まさか涙まで流して感動することになるとは・・・。

 
鬼滅の刃は今まで漫画は読んだことがなくアニメしか見ていないのですが、続きが気になって単行本を買って読もうと決意させられたほどです。

 

それで鬼滅の刃は一体今何巻まででているのかと思いネットで調べたところ、19話が神回だという口コミがたくさんあったのでやっぱり評判良いんだなと思いました。

 

という訳で鬼滅の刃19話を見た感想を書いていきたいと思いますが、多少のネタバレも含んでいるのでまだ内容を知りたくないという場合はネタバレ注意です(^^;

 

f:id:karintsu28:20190816132844j:plain

豆腐さんによるイラストACからのイラスト



 

 


鬼滅の刃を見るようになったきっかけ

 
私が鬼滅の刃のアニメを録画して見るようになったのは、妹から新しいアニメが始まるというのを聞いたからです。

 
それで私もそのアニメが気になって、鬼滅の刃を録画して見るようになったのです。

 
しかし、その時間帯はもともと私はプロレスを毎週録画して見ていました。

 
ですが、プロレスを録画するのをあきらめ、試しに鬼滅の刃の第1話を録画して見てみたのです。

 
そしたら想像以上に面白くて、毎週鬼滅の刃を録画して見るようになりました。

 
でも、出来ることならプロレスも見たいのは見たいんですけどね^^;

 

19話で炭治郎と戦う鬼について

 
18話〜19話で炭治郎と戦うことになる累(るい)という鬼は、今まで登場した他のどんな鬼よりもあきらかに強い感じでした。

 
そのあまりの強さに、初めて見た時はなんなんだこの鬼はかなりヤバイなと思いましたね。

 
そんな累の攻撃方法はというと、むちゃくちゃ切れ味が鋭いクモの糸といった感じですね。

 
炭治郎が「水の呼吸 壱ノ型 水面斬り」で累に斬りかかった際、累が放った糸によって刀が真っ二つになってしまった時は一体どうなってしまうのかと思いました。

 
これはやはり、鬼殺隊の柱が助けに来ないとどうしようもないのではないかと私は思いましたね。

 
ちなみに柱というのは、鬼殺隊の中でも最高位の圧倒的に強い9人のことです。

 
その時、近くまで「水柱の冨岡義勇」と「蟲柱の胡蝶しのぶ」の2人が来ていたのもあります。

 
19話になって分かったことですが、累という鬼は十二鬼月だったんですね。

 
十二鬼月というのも鬼の中で特に強い奴らで、鬼滅の刃では初めて出てきた十二鬼月が累ということになります。


ヒノカミ神楽がかっこよすぎる


炭治郎がねずこを助けるため、水の呼吸最後の型で累に攻撃を仕掛けると累が放つ糸も斬ることが出来ましたね。

 
しかし、累が血鬼術を使うと白い糸が赤くなり、糸の強度もかなり増したようでした。

 
しかも糸は炭治郎の周りを鳥かごのように包囲し近づいてきて、絶対に避けることは出来ないような状態でした。

 
そんな絶体絶命の状況で丹治郎が発動させたのがヒノカミ神楽です。

 
ヒノカミ神楽の強さがかっこいいのはもちろん、ラストシーンで流れ始める音楽がまた良すぎて感動を増幅させるんですよね。

 


ねずことの兄弟愛に感動

 

ヒノカミ神楽を発動させた丹治郎でしたが、どうやら最後は相打ちになってしまいそうな展開でした。

 
しかし、母親らしき人物の問いかけでねづこが目をしっかりと見開き目を覚ましました。

 
そしてねづこも血鬼術を使い、ばっけつと叫んでいるようでした。

 
ねづこがなんと言ったのかよく聞き取れず、後から私はこのシーンを3回ほど見てみました。

 
そしたらやっぱり「血鬼術 ばっけつ」と言っているように聞こえました。

 
後からネットでも調べてみたら、やっぱり「ばっけつ」で合っていたみたいですね^^;

 
漢字にすると「血鬼術 爆血」です。

 
ねづこが「血鬼術 爆血」を使うことで累の糸は燃え尽き、丹治郎は死なずに済みました。

 
このシーンで私は感極まり、涙まで出てきてしまいます。

 
もの凄く美しい兄弟愛だなと思いました。

 


まとめ

 
鬼滅の刃が面白いのは分かっていますが、19話では感動してまさか涙まで流すことになるとは思いませんでした

 
ラストシーンでは素晴らしい音楽まで流れてくるし、映像はもの凄くきれいだし・・・。

 
なんだかまるで映画を見ている見たいだなと思ってしまいました。

 
アニメ鬼滅の刃19話のラストシーンは、本当に映画のラストシーンを見ているのと同じかそれ以上にクオリティが高いです。

 
こんなに感動したのは、君の名はを初めて見た時以来のような気がしています。