Kのブログ

映画の感想など気になったことについて書いていきます。

火星に移住する場合の7つの問題点について考えてみた!

火星への移住計画があるということはご存知でしょうか?

そんな私は火星移住計画というのものあるということは知ってはいたのですが、そこまで本格的に進められているものだとは思っていませんでした。

火星への移住は、早ければ2023年には出発する予定みたいですね。

そこで、もしも火星に移住したらどんな問題が起こりそうかについて考えてみました。

 

f:id:karintsu28:20190818022209j:plain

歩夢さんによるイラストACからのイラスト

 

 


火星に移住する場合の問題点について!


火星に移住する場合の問題点を考えたら、とりあえず7つの問題が思い浮かびました。

まあよ~く考えたらまだまだ問題はたくさんありそうですが、とりあえずその問題点について書いて見ようと思います。

 
水や食料がない

 

火星には当然ですが今のところ水や食料はありません。

しかし、火星に移住するなら十分な水や食料は地球から持っていくはずなので、その点はそこまで心配はいらないのかもしれません。

でもたとえ何か食べたくなったものがあったとしても食べられないし、あまり充実した食生活は出来ないような気がします。

まあ、あまり食事にこだわらない人なら気にならないかもしれませんが・・・。

 

テレビやラジオなどがない


火星には当然まだテレビやラジオなどはありません。

なので、毎日テレビやラジオをつけているという人はつまらないと思ってしまうかもしれませんね。

それにテレビやラジオがなければ、地球からの情報もあまり入って来ないでしょう。

まあ普段からテレビもラジオもつけなくて、地球からの情報なんてどうでもいいという場合は気にならないかもしれませんが・・・。

 
強い孤独感に襲われる

 

火星に移住してしまえば、もう2度と地球に住んでいる人に会うことは出来ません。

しかし、電話で話すことなら出来るかもしれないみたいです。

ただし、火星から地球に電話する場合は1分あたり1万円以上のお金がかかるとされています。

なので、よっぽどのお金持ちじゃないと電話で話すこともあまりできなさそうです。

まあ、地球に会いたい人が1人もいないという場合は気にならないかもしれませんが・・・。

 
病気になっても治療することが出来ない

 

火星には当然まだ医療設備などはないので、病気になったとしてもほとんど治療を受けることが出来ないでしょう。

なので、ちょっとした病気でもかなり深刻な状況になってしまう可能性がありそうです。

このことは火星に移住する上では結構深刻な問題かなと思います。

 

外に出る時は宇宙服を着用する必要がある

 

火星の大気はそのほとんどが二酸化炭素とされているので、外では宇宙服を着ないと呼吸をすることが出来ません。

なので、このことも火星に移住する上ではちょっと問題点なのかなと思います。

でもまあ、シェルターの中にいる時は宇宙服は着なくても大丈夫でしょうけどね。

ずっと宇宙服を着たままだと、体を洗うことも出来ないですからね(^^;

ただし、シェルターに関してはそこまで広いものは望めないようです。


重力が小さいことによる体への影響が心配


火星の重力は地球の約5分の2ほどとされています。

地球よりも重力が小さいため、火星にずっと移住することで当然ながら筋力は落ちてくるでしょう。

そういったこともあって、火星の重力に体が慣れてしまうと地球にはもう戻って来れなくなるみたいですね。

まあ短い期間なら大丈夫でしょうけど、やはり重力の違いによる体への影響は心配なところです。


2度と地球に帰ってくることが出来ない

 

火星に移住してしまうと、もう2度と地球には帰って来れないようです。

その理由としては、火星から地球に帰ろうと思ったら火星でスペースシャトルを組み立てる必要があるからみたいですね。

しかし、現在の技術だと火星でスペースシャトルを組み立てることは技術的にも金銭的にも非常に難しいそうです。

ちなみに火星は月よりも距離が100倍以上離れているので、地球から出発するスペースシャトルには行きの燃料を用意するのがやっとのようです。

なので、火星に移住してから地球に帰りたいと思うようになっても、もう絶対に地球に帰ってくることが出来ません。

そのため、火星に移住する場合は火星に永住する覚悟をする必要があり、このことはかなりの問題点かなと思います。

 

まとめ


火星に移住する場合、もう2度と地球に帰って来れないというのはやはり大きな問題点かなと思います。

それに地球とはかなり環境が違うので、他にもやはり様々な問題点が出てくるでしょう。

 

しかし、火星への移住は希望者がなんと20万人以上いたらしく、その中から24人が選ばれたそうですよ。

 

ちなみに地球から火星に行くのには約半年かかるみたいですね。