Kのブログ

映画の感想など気になったことについて書いていきます。

火星の7つの特徴!移住することは出来るのか?

火星のことは知っていても、その特徴をよく知っているという人はそんなにいないのではないでしょうか?

火星と言えば火星移住計画とかも結構有名だと思いますが、果たして本当に火星に移住することは出来るのか。

あまり知られていない、火星の様々な特徴について書いていきたいと思います。

 

 

f:id:karintsu28:20190817234218j:plain

おにちゃんさんによるイラストACからのイラスト

 

 


火星の特徴について!


火星といえば、特徴が地球に結構似ていると言われたりする惑星です。

ですが、やはり地球とは大きく違う部分の方が多いような気がしています。

そんな火星の特徴に関しては、以下に詳しくまとめてみました。

 

火星と地球の距離は?

 

火星と地球の距離ですが、火星は公転の軌道が少し楕円形になっているため、その時期によって地球との距離は変わってきます。

火星が地球に最も近づくのは約2年2ヵ月に1回のペースで、その時の地球との距離はだいたい約5600万km~1億kmほどとされています。

何故それほど距離に差があるのかというと、火星の起動が楕円形となっているため地球に最も近づいた時の距離も毎回違ってくるみたいですね。

逆に最も遠い時だと、地球との距離は約4億5000万kmとかになってくるようです。

 

火星の大きさや色は?


火星の大きさはだいたい地球の約2分の1ほどとなっています。

しかし、正確には2分の1よりはほんの少しだけ大きいみたいですね。


火星の色については、表面を覆っている土の色などの影響で赤っぽく見えると言われています。

火星の土というのは酸化鉄という成分を多く含んでいるため、赤っぽく見えるみたいですね。

そういえば火星の表面とかの写真をパッと見た感じだと、砂漠みたいな色をしている印象がありますが、それでもやはり砂漠よりは赤い感じですね。

 

火星の重力の大きさは?

 

火星は地球の2分の1ほどの大きさなので、重力もやはり2分の1なのかというとそうではないようです。

惑星というのは基本的にその大きさによって重力の強さが左右されるようですが、火星の場合は質量が小さいことも影響しているようです。

火星は大きさに関しては地球の約2分の1ですが、質量(重さ)に関しては地球の約10分の1ほどしかないとされています。

そのため火星の重力は、地球の約5分の2ほどとなっているようです。

まあおおまかに言うと地球の約3分の1ぐらいですね。

なのでもし火星でジャンプしたとしたら、だいたい地球の3倍ぐらい高く飛べるみたいです。


火星の大気の成分は?

 

火星の大気の成分は、実に約95%というそのほとんどが二酸化炭素となっているようです。

その他には窒素も約3%ほど含まれているようですが、火星の大気成分というのは今後も微妙に変わっていく可能性があるみたいです。

その理由には太陽風が関係しているらしく、火星の大気というのは宇宙空間に流れ出しているらしいんですね。

それに火星の大気はとても薄く、大気圧は地球の100分の1以下しかないとされています。


火星の気温はどのくらい?

 

火星の平均気温は約-43度とされています。

最低気温だと-140度ほどにまで下がってしまうらしく、全てのものが凍り付いてしまいそうな温度ですよね。

しかし、最高気温は20度ほどになるみたいで人が住めない事もなさそうな印象を受けました。

でも大気のほとんどが二酸化炭素だし、やはり生身の体だと火星に住むのは無理そうですよね。

ちなみに二酸化炭素は温室効果ガスの1つとされていますが、火星の場合は大気が非常に薄いため熱を保つことが出来ないらしく、温室効果はほとんど働かないようです。

そういった理由もあって、火星は温度差が激しくなっているんでしょうね。


火星に水はあるのか?

 

火星には何十億年も前には水が豊富にあったと考えられています。

ですが現在は火星に水はなく、もしあったとしてもその量はかなり少ないという説が一般的のようです。

しかし、研究によると火星に湖のようなものが存在しているということが確認されたそうです。

その湖はレーダーの信号に反射することで発見されたらしく、水深は最低でも1mほどあるということです。

でも、どうやらその湖はそんなに大きくはないと考えられているようです。

しかし、火星には現在は水はないという情報も多く、実際に水があるのかどうかはちょっと謎です。

 

火星にはとてつもなく高い山がある?

 

火星にはオリンポス山というとてつもなく高い山があるようです。

その高さは約27、000mということで、地球で1番高いエベレストの約3倍にもなる高さですね。

という訳で、火星の地表は結構高低差が激しいみたいですね。

 
まとめ

 

火星の大気はそのほとんどが二酸化炭素となっています。

 

なので、もしも火星に移住するとしたらやはり宇宙服は着用してないといけないですね。

 

実際に火星移住計画は進められているようで、早ければ2023年頃には出発する可能性があるようです。

しかし、今のところ火星に移住したら戻ってくることは出来ず、火星に永住することになるみたいですね。

その理由ですが、火星から地球に戻ってくる場合は火星でスペースシャトルなどを組み立てねばならず、今のところは技術的にも金銭的にも難しいようです。