Kのブログ

映画の感想など気になったことについて書いていきます。

なぜ夏は暑くて冬は寒いのか?太陽との距離が関係している?

日本には四季があり、夏は暑くて冬は寒いというのは当たり前のことですよね。

しかし、ではなぜそのような気温の変化がおこるのか疑問に思ったことはありませんか?

考えられそうなのは、夏と冬では太陽との距離が違うとかがありそうです。

また、夏と冬では日照時間も違いますが、その理由などについて書いていきたいと思います。

 

 


夏と冬で気温が変わるのは何故?

 

日本では夏と冬では気温にかなりの差がありますが、その原因はどうやら地球の自転にあるみたいなんです。

地球は北極点と南極点を地軸に自転していますが、自転の軸というのは太陽に対して少し傾いているんですね。

そのため、夏と冬では日照時間にも差があります。

また、日照時間が違うだけでなく、太陽の光が地上に降り注ぐ角度も違ってきます。

私はなんとなく、冬は夏に比べると昼間の明るさが少しだけ暗いように感じてはいたのですが、そういったことが関係していたんですね。

太陽の角度が違うため、実際に夏と冬では日中の明るさも違うし、気温にも差が出てくるんです。

夏というのは太陽がより真上に近い位置にくるため、1つの場所に当たる光の量も多くなり、気温もかなり上がってくるという仕組みです。

逆に冬は夏に比べると太陽の光が斜めから降り注ぐため、1つの場所に降り注ぐ光の量が少なくなり、気温も上がりにくくなります。

 

 

 

夏と冬では太陽との距離が違うのか?

 

始め私は、夏と冬で気温に差があるのは太陽との距離が変化するからではないかと考えました。

夏は太陽との距離が近くなり、冬は太陽との距離が遠くなるのではないかと考えたのです。

ちなみに地球というのは、太陽の周りを1年に一周のペースで公転していますよね。

しかし、意外にも夏という時期は太陽から一番遠く離れ、逆に冬は太陽との距離が一番近くなるそうです。

夏と冬では太陽との距離に約500万kmもの差があるそうですよ。

しかし、地球と太陽との距離は約1億5000万kmあるそうで、500万kmの距離の差というのは微々たるものに過ぎないようです。

という訳で、夏と冬では太陽との距離が違うというのは確かです。

しかし、太陽から一番遠くなるのは夏、太陽に一番近づくのは冬ということなので、夏と冬の気温の変化に太陽との距離はあまり関係ないということになりそうですね。

 

 

 

まとめ

 

夏と冬の気温の変化というのは、地球が自転する角度が関係していたんですね。

夏は太陽の光がより真上に近い位置から地上に降り注ぐため、日差しがきつく気温も上がり日照時間も長くなります。

それに対して冬は太陽の光が地上に降り注ぐ角度が斜めからになるため、1つの場所に降り注ぐ光の量が少なくなり、気温も上がりにくく日照時間も短くなります。

という訳で、夏と冬で気温に差があるのは地球と太陽との距離ではなく、太陽の光が地上に降り注ぐ角度が関係していたんですね^ ^